昭和の古き良き時代 – 心を奪われる



「 スポンサーリンク 」

よく晴れた休日、うちの家族と、中の良き友達とで、とある博物館へ訪れたときのこと。

 

何気なく、博物館の廊下を  トコトコ  歩いていると、1個のオブジェが目に入ってきた。

 

そのオブジェからは、「 何故だか ? 」 眩い光が後光を放つかのように、親父には見えた。

 

そのオブジェはコレ ! !

 

 

廊下の先から、中の良い友達が「 このオブジェが気になるの ? 」と声をかけてきたが、

 

それ以上に…  気になる、いや、「 気に入った ! !

 

このオブジェに魅せられている自分がそこに、たたずんでいる。

 

もしかしたら、自分の小さい頃の思い出がよみがえったのか ?

 

それとも、思い描いている「 理想の家族 」を、このオブジェに重ね合わせたのか ?

 

 

理由はわからないが、いずれにしても、ちょっぴり昭和の時代にタイムスリップした一日であった。



「 スポンサーリンク 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です