安いマスクをひと工夫!メガネが曇らない 5つ の方法

こんにちはドスです。

 

インフルエンザや花粉が飛ぶ季節、マスクが大活躍しますよね。

しかし、困ったことにメガネを掛けていると、マスクをした時によく曇りませんか ?

 

メガネが曇って何かと不便  ! !

そのような眼鏡の曇りは、少しの対策で解消されるかも知れません。

 

今回は「 マスクをした時に眼鏡が曇って嫌 ! ! 」と言う方に「 マスクによる、眼鏡の曇り対策 」を紹介します。



「 スポンサーリンク 」

 

何故メガネが曇るのか ?

眼鏡が曇る理由は「 結露 」によるものです。

 

冬の朝方に窓の内側を見ると水滴が付いている現象「 結露 」と一緒です。

気温が低い季節は眼鏡のレンズが冷え、そこへマスクをかける事により、息から出た湿った空気が眼鏡のレンズにあたり結露(曇る) します。

 

ポイントは、「 湿った空気が眼鏡のレンズにあたる 」の部分で、湿った空気を如何にレンズにあてないかが、焦点になって来ます。

 

これから、対策方法を書いて行きますが、顔の形は人それぞれ違うので、あった方法を探して見てください。

 

対策方法 5 選

【 対策 1  マスクを外に折る 】

マスクの針金部分(マスクの上側)を外側に折り曲げ、折り曲げた部分の上側に少しだけ眼鏡を乗せる。

この方法は、できるだけ眼鏡のレンズと息の間に距離を持たせて、湿った空気をレンズに当たりにくくする方法です。

 

【 対策 2  マスクを内側に折る 】

対策 1 の反対で、マスクの針金部分(マスクの上側)を内側へ折り曲げます。

 

この方法は、マスクを内側へ折り曲げる事により、折り曲げた部分が壁となり息を吐いた時に出る湿った空気が上側( レンズ側 )に行かないようにする方法です。

【 対策 3  ティッシュを詰める 】

マスクの針金部分(鼻にあたる場所)に、ティッシュを入れます。

 

この方法は対策 2 と同じ考え方で、ティッシュの厚みが壁となり、湿った空気が上側( レンズ側 )に逃げないようにする方法です。

【 対策 4  マスクの外側を膨らませる 】

マスクの針金部分(鼻にあたる場所)の両サイドの外側 2箇所に折込を入れる。

 

この方法は、空気口と同じ原理で、吐いた息を折り曲げた空気口より逃がす事により、極力レンズに空気が行かない様にする方法です。

【 対策 5  曇りどめを塗る 】

最終手段として、レンズに液体を塗って曇りを止める方法です。

間違いなく、レンズの曇りが少なくなります。

出店:楽天  おすすめ曇り止め

 

おすすめ対策方法

ココドスおすすめ対策は、対策 4 のマスクの両サイドに空気口を付ける + 対策 5の曇りどめを塗る事をおすすめします。

実際に、この戦法でマスクを付けながら眼鏡ライフを快適におくっています ! !

 

さいごに

小さい頃は「 眼鏡がかっこいい ! ! 」、 と思えていましたが、実際に眼鏡生活をしてみると「 大変 ! ! 」、と思う事が多いです。

なるべく、アイデアを出して「 大変 ! ! 」と思う事を、減らして行きたいものですね……



「 スポンサーリンク 」

ドス タイ情報

色々な情報を、色々な角度から発信します。

興味のある方は是非登録を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です