台湾ローカルの旅 【 第四話 】 屏東県の巻き



「 スポンサーリンク 」

【前回のお話はこちら】

第 3 話

屏東県の巻き

高雄から屏東まで、台湾鉄道の普通電車に揺られて約 40〜50分、そこにはいつもと違う台湾が待っている。

 

 

屏東駅の構内には何とも言えないオブジェが 「 ドーン ! !  」とお出迎え ! !

 

 

ここ屏東は、車で1時間ほど行くと三地門と言う街があり、そこには台湾の原住民「 パイワン族 」、が生活している。

 

そのパイワン族がオブジェとして、大きく出迎えしてくれているので、なかなか気分を盛り上げてくれる。

 

また、屏東駅より 10分ほど歩いた所に、食べ物屋さんが並んだ通りがあるので、食べ歩きにも最適 ! !

 

 

食い倒れの街と言っても過言ではないが、今回はここを素通りして、車で 30分の所にある、嫁の実家のある小さな街へと向かう。

 

ここからは家庭内のお話なので……ムニャムニャ ! !

 

コケコッコーといきなり翌朝 ! !

 

この小さな街には、都心部には無い何とも言えない「 ゆっくりとした時間の流れ 」がある。

 

朝起きる時には本物の「 コケコッコー 」で目覚め、目覚まし用のバナナをかじりながら朝ごはんを何にするか、じっくり考える。

 

 

 

この街の朝ごはんと言えば……

 

頭の中で沢山出てくるが、中でも大好きな食べ物は……

 

ここの街だけで食べられる特別なバーワン ! !

 

そうと決まれば一直線に買いに行き食べる。

 

それがコレ ! !

 

 

間違いない ! ! 

 

台湾北部のバーワンは、少し寒天に似た食感の物が多いが、ここのバーワンはトロ・モチ感でやめられない ! !

 

また中にはお肉が沢山入っていて、何とも言えない歯ごたえ ! !

 

さすが老舗の屋台 !  40年以上お寺の前で営業しているだけある。

 

食べ終わっても、まだ、このお腹が満足してくれないので次の屋台へ ! !

 

次に食べるのはタンピン ! !

 

 

小さな街の有名なタンピンは、普通のタンピンとは違い、モチモチ感の中に、少しだけ餃子の焼けたようなカリカリ感がある。

 

 

そのタンピンを作り出す名手が、このお母さん ! !

 

本当に上手にカリカリ感を演出する、凄腕職人。

 

日本で、このお店があったら毎日でも行っていしまうのに…… 」と思いながらも本日からレンタカーを借りて台南経由、嘉義県へ移動予定 ! !

 

次回、台南へ移動の巻き



「 スポンサーリンク 」

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です