台湾ローカルの旅 【 第九話 】 嘉義でお遊びの巻き



「 スポンサーリンク 」

【前回のお話はこちら】

第 8 話

台湾鉄道の工場( 阿里山森林鉄路車庫園区 )

 

今回行く場所はココ ! !

[map addr=”阿里山森林鉄路車庫園区” width=”600px” height=”450px”]

 

嘉義の美味しい鳥ご飯を食べて大満足したので、ちょっくらそのまま子供が間違いなく喜ぶであろう、台湾鉄道の工場へ向けてお散歩スタート !

 

トボトボお散歩していると、妖怪のようなツルがぶら下がっている木々が現れる。

 

その奥を、「 よ〜く 」目を凝らして見てみると、奥にはジブリに出てきそうなブランコが ! !

 

 

コレを見た我が息子は、「 乗りたい ! ! 」と言い出す。

 

残念だな〜 !  柵の中にあるから乗れないな ! ! 

 

と言いつつ、心の中では「 よくぞ柵の中にあってくれた !  」と思いながらも、おそらく回り込めば乗れたのかも……

 

あのブランコに乗れば虫さされは確実 ! !

 

 

そうこうしながらテクテク歩いていたが、なかなか台湾鉄道の工場に着かない……

 

 

ここで必殺アイテム『 Google Map 』の登場 ! !

 

 

地図をよ〜く見ると、工場の入り口と反対方向に周っている……

 

はじめからMapを使っておけば良かったのに ! ! 」と嫁ツッコミが入る !

 

同感です。」と意気消沈……

 

 

ちょっと疲れたので、近くに置いていたレンタカー「 JJ号 」に乗り込み、工場へ向かうことに

 

車を走らす事、約 3分、目的地へ到着……

 

近かったのね……

 

 

早速工場内を散策する事にしたが、工場の敷地が広いこと ! !

 

大人2人は先程、歩き疲れで直ぐにベンチへ直行だが、子供はなんのその、敷地内を駆け巡る。

 

こいつはモンスターか ! ! 」と思いながら、ベンチで周りを見渡すと

 

敷地内には、展示用の古い電車がズラリと並んでおり、その中、現役電車が試運転のため元気よく動いている。

 

その勇姿が鉄道マニアの一眼レフの餌食となっており、こちらも負けじと携帯写真で「 パシャリ 」と応戦。

 

 

我ながら、ナイスショット ! !

 

いや〜 、有意義な時間を過ごしたな〜 」と思いながら、次なる目的地へと移動する



「 スポンサーリンク 」

新港奉天宮(お寺)のお祭り騒ぎ

次なる目的地は新港奉天宮( お寺 )

ここだよ ! !

[map addr=”新港奉天宮” width=”600px” height=”450px”]

 

本日は、お寺のお祭りがあるとの事で急いで移動

 

お寺の近くに着けば、もうそこはお祭り騒ぎの爆竹騒ぎ ! !

 

JJ 号 』を路肩に駐車して、すぐさまお寺に向かって歩いていくと、あちこちから凄い音が鳴り響き

 

子供は少しビビり気味……

 

一回に爆竹を鳴らす量は半端なく、このぐらいの量を燃やし切る

 

 

周りを見渡すと、神輿を担いでいる猛者達も、もう真っ黒 ! !

 

 

誰が誰だが分からない……

 

その猛者たちをかき分け、ようやくお寺へたどり着き、門の両サイドには祭りで大活躍の神様がお出迎え

 

 

お寺の奥へ進み、メインの神様に「 ありがたや〜、ありがたや〜 」と拝むも、何を拝むのかよくわからない……

 

とりあえず家族円満を祈願して、お腹も減ってきたので、ここの街の有名店でご飯を食べる事に。

 

その食べ物がコチラ

 

 

台湾に来てトップ10 に入るぐらい「 凄く美味しい ! !

 

スープは、炭で炙った鴨肉が存在感を出しており、何杯でも行ける ! !

 

揚げ物は、お好み焼きのようなフワトロ感があり、これまたドンドン行ける。

 

ここのお店は今後キープと思いながらも、本日お世話になるホテルに向かい、夜はランタン祭りに行く予定。

 

次回、嘉義のランタン祭



「 スポンサーリンク 」

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です