【鉄製湯たんぽ】徐々に欲しくなる、温かおすすめ湯たんぽ。

こんにちはドスです

寒い夜は、暖房器具が欠かせなくなってきましたね。

昔に比べると、暖房器具は省エネ設計になってきましたが、やはり電気代が気になります。

また寝るときに、部屋全体を暖めるのも非効率 ? とも思いますよね ?

 

そこで今回、「 布団に忍ばすだけで体がポカポカ、鉄製湯たんぽ 」の紹介をしていきます。



「 スポンサーリンク 」

 

①  鉄製湯たんぽの種類

鉄製湯たんぽには、大きく分けて 2 種類あります。

 

【種類】
ブリキ製 トタン製

鉄製の湯たんぽは、鉄そのものを露出させておくと腐食してきます。

その為、鉄の上へコーティングをしますが、使っているコーティング材によって、呼び方が変わってきます。

 

ブリキ」は(すず)でコーティングされた物を指します。

昔はブリキのおもちゃが流行っていましたよね。

トタン 」は亜鉛(あえん)でコーティングされた物を指します。

よく屋根とかに使われていますよね。

すず亜鉛は人体に悪影響のイメージが有りますが、食べなければ大丈夫ですよ。

 

②  鉄製湯たんぽの特性

鉄製湯たんぽは、熱い低温火傷のイメージがありますが、多くの愛用者もいる事から、使いやすい面が多くあります。

 

どのような特性があるか見ていきましょう。

 

【陶器湯たんぽより軽い】

鉄製湯たんぽは、陶器湯たんぽより軽くて持ち運びが楽にできます。

【丈夫・頑丈】

部屋の角に当たっても、割れることなく水漏れがしません。しかし凹む事はあります。

【直火で温められる】

お湯をヤカンで暖めなくても、直火で温める事が出来ます。最近では I H 対応の物も出てきているようなので便利ですね。

【熱伝導率が高い】

鉄は熱が伝わりやすいので、熱めの湯たんぽが好きな方には嬉しいですね。

③  鉄製湯たんぽの使い方

鉄製湯たんぽの寿命は 2 〜 3年と言われていますが、使い方によっては長いこと持ちます。

 

では、鉄製湯たんぽは、どのように使えば良いのか見ていきましょう。

 

【 水の分量 】

鉄製の湯たんぽには、水を口元いっぱいまで入れて下さい。

 

空気が中に入っていると、湯たんぽが凹む原因となります。

【 IH・直火で温める場合 】

火にかけるときは必ず、フタを開けた状態にし、フタの開いた場所から少し蒸気が出てくれば完成(適温は70〜80℃

 

【 タオルなどで包む 】

湯たんぽを火で沸かしたり、お湯を入れたりした後は、必ずタオルなどで包み、直接触らないようにして下さい。

火傷をしますよ。

【 湯たんぽから音 ? 】

鉄製の湯たんぽの中には凹み防止の支柱が入っており、中が錆びてくると支柱が折れたりするので、買い替えのタイミングですね。

④  おすすめの鉄製湯たんぽ

【 ブリキ湯たんぽ 】

ブリキ湯たんぽは、(すず)でコーティングされた温か湯たんぽです。

出典:楽天

ブリキ製の湯たんぽは少し種類が少ないです。

 

【トタン湯たんぽ】

トタン湯たんぽは、亜鉛(あえん)でコーティングされた物を指します。

出典:楽天

出典:楽天

出典:楽天

出典:楽天

 

【番外編_銅製湯たんぽ】

鉄より熱が伝わりやすい銅製の湯たんぽですよ ! !

出典:楽天

出典:楽天

出典:楽天

 

 

さいごに

寒くなると、気持がイライラしてしまいますが、湯たんぽの温もりで何故か心が落ち着きます

そんな湯たんぽに触れてみてください。



「 スポンサーリンク 」

 

ドス タイ情報

色々な情報を、色々な角度から発信します。

興味のある方は是非登録を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です