お米 – ご飯を美味しくする方法

 

こんにちはドスです。

 

旅館などで食べるご飯は、「 何故こんなにも美味しいの ? 」と思った事ありませんか ?

 

旅館などで食べたご飯が、家でも作れたらいいのにな…… 」

 

実は、いつもの炊飯器いつものお米劇的に美味しくする方法があります。

 

その方法が解れば、家でもきっと、旅館のような美味しいご飯が食べれるはず。

 

今回は「 美味しいご飯を作りたい 」と言う方に「 ご飯を美味しくする方法 」を紹介します。



「 スポンサーリンク 」

  はじめに

ご飯の炊き方で、一番いい方法は……

 

炊き方 」って、どうゆう意味 ?

 

大きか分けて、下のような方法があるよ。

 

「 炊き方 」

●  土鍋で炊く

●  炊飯器で炊く

●  飯盒で炊く

●  フライパンで炊く

●  その他いろいろ

 

やはり、美味しく炊けるのは土鍋が一番と言われています。

 

土鍋は、お米の炊き始めから沸騰するまでゆっくり時間がかかります。

 

この時間によって、お米の甘みが徐々に引き出され、美味しいご飯が炊けることになります。

 

この土鍋が最高じゃな ! !

 

新米は土鍋で炊くのがオススメですが、普通のお米を、どのような炊き方でも美味しくする方法を、紹介して行きます。

 

①  竹炭・備長炭

出典:楽天

ご飯を炊くときに、竹炭を一緒に入れる方法じゃの。

 

一緒に入れたら、どうなるのかな ?

 

備長炭を入れることにより、水のカルキ臭さ米ぬかの臭さを炭が吸収し、匂いがなくなります。

 

また、炭の弱アルカリ成分でお米の甘みを引き出す事が出来ます。

 

お米に対して、どれくらいの炭を入れるんじゃ ?

 

お米 3 合に対して、5 ~ 6 切れの竹炭、もしくは 2切れの備長炭を入れれば十分。

 

100円ショップなどで販売されている物では無く、しっかりとした白炭( 備長炭 )を使用する事をおすすめします。

 

炭の種類については ここ

 

この竹炭は良さそうじゃな

 

②  だし昆布( 昆布水 )

出典:楽天

 

旅館などで、よく見かける方法ですね。

 

どのような効果があるのじゃ ?

 

だし昆布を入れる事により、炊きあがりの香りが良くなります。

 

また、炊き上がりが、精米したてのご飯のように、フックらと美味しくなります。

 

お米に対して、どれくらい入れるの ?

 

お米 3 合 に対して、だし昆布 1 0 cm 程度、入れれば十分です。

 

おにぎりを作る場合は、少しの塩を入れておくと、味にメリハリが出ます。

 

このような昆布です

 

③  オリーブオイル

油をご飯に入れて、大丈夫 ?

 

大丈夫、以下のような効果が得られます。

 

飲食店で、よく使用されている方法の一つで、油分が米粒にコーディングがされます。

 

その事により、一粒一粒のツヤツヤ感が出て、フックらしとした、ご飯が炊き上がります。

 

どの位の分量を入れるの ?

 

お米 3 合 に対して、小さじ 1 杯 程度、入れれば十分です。

 

また、オリーブオイルじゃ無く、サラダ油でも大丈夫です。

 

このオリーブオイルは人気じゃな

 

④  日本酒

 

子供でも、食べられるの ?

 

子供でも美味しく食べられるから大丈夫

 

日本酒を入れる事により、炊き上がりがフックらとなります。

 

特に、古くなったお米に対して効果があるので、古米に使用してみて下さい。

 

どの位の分量を入れるの ?

 

お米 3 合 に対して、小さじ 1 〜 2 杯 程度、入れれば十分です。

 

ポイントは、あまり匂いのキツいお酒を使用すると、ご飯に匂いがつくので、匂いの少ない物がおすすめです。

 

⑤  にがり

 

出典:楽天

 

 

思いもよらない物じゃの。

 

にがりを入れた時の変化は次のような感じです。

 

にがりに入っている、マグネシウム効果で、柔らかくてフックら弾力があるお米ができます。

 

また、ご飯が冷めても固くなりにくいので、お弁当を作るさいに、使ってみるのも良いですね。

 

分量はどの位の入れるのじゃ ?

 

お米 3 合 に対して、 3 〜 4 滴 程度、入れれば十分です。

 

このにがりは、どうじゃ ?

 

さいごに

 

日本人の主食は何と言ってもお米 ! !

毎日、食べるものに、チョコっとだけ変化を加えて、Good Food Lifeを楽しみましょう。



「 スポンサーリンク 」

ドス タイ情報

興味のある方は是非登録を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です